Nightログ Nightログ

居酒屋

京都の繁華街を紹介!飲むなら四条か三条あたりがおすすめ

日本の観光の中心地といえば京都!
京都は世界遺産も多く、ワールドワイドに人気があるスポットですよね。

ホテルのディナーもいいですが、せっかく旅行に行ったなら夜は街に繰り出したい!
昼間は観光地をめぐって、夜は繁華街へしっぽり飲みに出かけたい……

でも京都ってどこに飲み屋があるの? 有名な繁華街安い飲み屋街が知りたい!

そんな人に向けて、京都の繁華街についてご紹介します!
若者向けの飲食店から大人の夜の店まで、京都の繁華街の魅力をたっぷりお届けします。
 

京都の繁華街はどこ?

京都の繁華街を紹介するその前に、前提としてここでは京都市内の繫華街についてお伝えしていきます。

京都府には宇治市や舞鶴市など名所がたくさんありますが、繁華街で有名なスポットはダンゼン京都市内!
その中でも代表的な2つの京都の繁華街スポットをチェックしましょう。

※この記事は2022年7月時点での情報をベースにしています。時期によっては情報が異なる場合がありますのでご了承ください。

阪急百貨店が目印! 四条通りの繁華街

はじめに、京都市街地では東から西に渡る道と、北から南に渡る道にそれぞれ名前が付いているのが特徴です。
この道のことを京都では“〇〇通り”と呼びます。

四条通りをはじめ、漢数字を冠する通りは東西に渡る道です。覚えやすいですよね!
対して南北に渡る通りは、河原町通り、木屋町通り、先斗町(ぽんとちょう)通りなど名前も様々です。

この東西に渡る通りと、南北に渡る通りがクロスする交差点は、それぞれの通りの名前の組み合わせで呼ばれます。
たとえば、四条通りと河原町通りがクロスする交差点は「四条河原町」となるわけですね。

あくまで交差点の呼び名ではあるのですが、京都ではそのあたり一帯を指す呼び方として親しまれています。
そして、京都で一言に「四条」と言うときは、四条河原町祇園四条付近を言うことが多いです。

四条通り、あるいは京都市街地全体の中でも、メインを張れる繁華街が四条河原町!
四条通りと河原町通りがクロスする交差点には阪急百貨店があって、交差点の直下には阪急電車の終始点となる京都河原町駅があります。


とりあえず京都の繁華街へ繰り出してみたい方は、京都河原町駅を目指してください!

三条通りの繁華街、目印は土下座像!?

京都市街を東西に渡る道は、北側から一条通り、二条通り……と続きます。
つまり三条通りとは、四条通りのひとつ北側の通り。ふたつの通りは歩きの行き来でも10~15分程度でしょう。

京都市街のメインストリートである四条通りのお隣にあたる三条通りは第二の繁華街
距離感的にも、四条と三条はセットで京都の繁華街とも言えますね。

三条にアクセスの良い京阪電車三条駅のそばには、京都の待ち合わせスポットとして知られる土下座像があります!

四条はお土産屋さんや百貨店もたくさんあり、どちらかと言うと観光客が賑わう繁華街です。
三条は京都に住む学生や働く大人たちが集まる、ややローカル寄りな雰囲気が漂う繁華街

四条から三条へ歩いてみると、だんだん雰囲気が変わっていくのが面白いですよ!

最大の繁華街は四条

京都で一番の繁華街は四条です。
四条には百貨店やショッピングビルが立ち並んでおり、四条河原町には有名な先斗町もありますよ!
鴨川沿いの人気の川床料理なんかが楽しめるのも四条です。
ショッピングにグルメに魅了満載の人気エリアです。

四条エリアについて紹介

京都の道は「〇〇通り」というかたちで名前があることをお伝えしましたが、もちろん通りの大きさや賑わいはいろいろです。

四条通りは京都市街のメインストリート!
京都駅から四条通りへ行くには、京都市営地下鉄で烏丸駅へ向かいます。

車が行き交う大通りである烏丸通りと、四条通りがクロスする四条烏丸は京都市街のスタート地点のような場所。
ここから鴨川へ向かって四条通り沿いを歩いていくと、だんだん京都の繁華街へと近づいていきます。

先に名前だけ紹介した、京都一の繁華街である四条河原町周辺の繁華街は鴨川寄りのエリアです。

京都市街の中心通りとあって、四条通りは普段から観光客だらけ!
現在はコロナの影響でそこまで姿は見られませんが、外国人もたくさん訪れます。

そのため飲み屋も、メジャーなチェーン店の系統を含めた有名店が立ち並んでいます。
四条通りを入口に北へ伸びていく、新京極通りや寺町通りは京都の修学旅行コースとしてもよく使われるので、四条通りは安心安全な優良店が多いです。

京都の風情が漂う先斗町通り

四条通りはメインストリートですが、裏を返せば京都初心者向けのコースです。
四条通りから南北のどの通りへ入るかで、京都の飲み歩きはまるで雰囲気を変えます!

先斗町通りは、鴨川沿いを南北に歩くとても小さな通りです。
京都の通りの中でも道幅が狭く、車はほぼ通れません。

小ぢんまりした京都割烹料理屋や蕎麦屋、スナックなど個人経営サイズのお店が軒を連ねます。
また、古い純喫茶があったり舞妓さんや芸妓さんの修練場の「先斗町・歌舞練場」があったり、歩いているだけでも京都らしい風情に浸れます。

京都の観光スポットとしても有名なので、一見さんにも優しいのが嬉しいですね。

そして先斗町通りの鴨川の側にあるお店は、京都名物である“床(ゆか)”でお酒が飲めるお店もあるんです!
京都の床とは、鴨川へ突き出したテラス席のような場所で、夏場限定で造られる席です。
鴨川のせせらぎを聞きながら飲むお酒は格別だし、何より雰囲気が最高なので女性にも喜ばれること間違いなしですよ!

しっぽり飲むなら木屋町通り

木屋町通りは、大通りの河原町通りと小さな先斗町通りに挟まれた通りです。
「高瀬川沿いは木屋町通り」と覚えると良いでしょう。

木屋町通りは京都を代表する飲み屋通りです!
立ち飲み屋、飲み屋ビル、チェーン居酒屋にカラオケ店と京都の人々が集う繁華街。
京都は学生が多く、木屋町通りは夜中になっても大学サークルのコンパなどで賑わっています。

手頃な価格でお店もラインナップに富んでいるので、京都ローカルな飲み屋をお求めなら木屋町通りがオススメ!
カップルでもソロでも、何かしら気に入るお店が見つけられるでしょう。
高瀬川沿いは桜並木なので、春先に訪れるとライトアップされた桜が見られるおトク感もあります!

祇園四条にも飲み屋がたくさん

四条通りを東へ進み、四条大橋を渡った向こう側のエリアが祇園四条。

京都の代表的な劇場の南座がそびえ立ち、ザ・京都なスポットとしても人気ですね。
広く関西エリアでくくっても、祇園は名のある地名でしょう。

祇園四条は京都の繁華街の中でも大人向けなエリアです。
京都の高級店やキャバクラを楽しめる、歓楽街的な一帯。

一見さんでもOKなお店もありますが、ケタは0の数が変わってきます。
京都の接待などで使いたい繁華街。お店は価格も含めてクチコミ投稿などで下調べすることをおすすめします!

もちろん探せば祇園にもリーズナブルな飲み屋はあるので、「絶対に祇園で飲みたいんだ!」という方は是非行ってみてください。
祇園は京都らしい街並みで、ぶらっと歩くだけでも雰囲気の良いところです。

三条にはクラブやバーも

京都で夜遊びするなら三条は欠かせないスポット!
三条エリアについて紹介していきますね。

三条エリアについて紹介

京都にある大小様々な通りの中で、三条通りは車が行き交う道なのですが四条通りと比較すると小さめの道路です。

京都の地図を一覧すると、京都市営地下鉄の烏丸駅、烏丸御池駅、京都市役所前駅、これに阪急電車の京都河原町駅を加えた4つの駅を線で結んだ四角形を京都市街地として示されることがあります。

三条エリアは、この京都市街地の四角形で言うところの真ん中右寄りのエリア。
京都の中でもローカルで、ちょっぴりディープな街なんです!

そうなると繁華街も、地元の人々が集うカジュアルなお店が集まります。
四条エリアが観光客も入りやすいオープンな空気感なのに対して、三条エリアは京都に馴染んだ人が使うお店が多いんですね。

四条通りから三条通りへ向かう南北の通りには、新京極通りや寺町通りなどのお土産街、木屋町通りや先斗町通りなどの飲み屋街といろいろなルートが選べます。

でも、どの通りを使っても、四条から三条にかけてだんだんと土着的な街並みになっていきます。
そのことを意識しながら歩いてみると、京都街歩きがより楽しめると思いますよ。

京都に何度か訪れて四条河原町を歩き慣れてきたなら、三条エリアの繁華街へ繰り出してみてはいかがでしょうか?
もしかしたらお酒の力で京都の地元人と仲良くなれるかも。京都のディープな話を聞き出しちゃいましょう!

三条の飲み屋には盛り上がりたい人が集まる

ローカルな街と言っても、三条は京都の代表的な観光スポット。
ですから、地元人とはいえ観光客ギライで排他的なタイプの京都人は、三条にはほとんどいないと言って良いでしょう。

京都の中でも三条を選んで飲む人は、おしゃべりやコミュニケーションに好意的な人が多いです。
ビビらず丁寧に話しかければ、お酒と一緒に楽しい会話で盛り上がれます! 京都の素敵な思い出になりそうですよね!

三条には学生もたくさん集まります! 京都は大学がたくさんあって学生の街という面もあるんです。
毎年、新歓コンパの季節の京都では、木屋町通りや鴨川沿いの河川敷に大学生の集団ができるのが風物詩になっています。
大人になった今、京都で地元の大学生とわいわい盛り上がってみるのも一興でしょう。
お酒も進んで思わぬ感情が溢れて出てくるかもしれません……⁉

お店はおしゃれな居酒屋や飲食店、木屋町通りには全階に飲み屋が入ったビルもたくさん建ち並んでいます。
ちなみに、京都は景観条例で建物に高さ制限があるので、東京と比べるとビルが可愛らしいサイズ感です。

魅力的な飲み屋が多くて目移りします!
お店のサイズ感や店員さんとの距離感など、ある程度、自分の希望を考えながら「ココだ!」という飲み屋を探してみてください!

若者が集まるバーやクラブもおススメ!

三条は京都の若者が集まるクラブやライブハウス、バーやスナックといった酒場があるのも大きな魅力!

ここまででも四条と三条の違いをいろいろお伝えしてきましたが、バーやクラブは四条にはない種類のお店です。
三条の繁華街だからこそ楽しめるスポットなので要チェックですね!

京都のいわゆる高級店は四条大橋を渡った向こう側の祇園エリアに多く、三条にあるバーやクラブは比較的リーズナブル。
また京都が学生の街という点も、おサイフに優しい理由になっています。
三条エリアなら気兼ねなく京都の繁華街を満喫できますね! ねらい目はやはり木屋町通り沿いです。

せっかく京都の繁華街まで来たし、少し変わった体験がしたい! という方にはライブハウスはいかがでしょう?
中には着席して食事を楽しめるライブハウスもあるので、ふらっと立ち寄る気分でライブイベントに参加してみるのも楽しいですよ。

お酒の締めは……やっぱりラーメン!

京都の繁華街をたっぷり楽しんで、お酒を飲んだ後に食べたくなるのがラーメン!

京都はラーメンも有名で、ラーメンに対する京都人のこだわりもひとしお。
京都のラーメンには、「京都ラーメン」と「京風ラーメン」の2種類あるのをご存知でしたか?

京都ラーメンは濃厚なスープで、こってりスープが大人気のラーメンチェーン店・天下一品は京都生まれのラーメン店です。
一方、京風ラーメンは和風だしで透明感のあるスープ。麺も細麺で軽い口当たりなんです。

同じ京都のラーメンでも全然違いますよね!

天下一品の他にも、京都生まれのラーメンチェーン店は複数あります。

京都はラーメンの激戦区!
京都人が集まる繁華街には、気鋭のラーメン屋が集まってくるわけです。

京都の繁華街を楽しむなら締めのラーメンまでがコース!

京都だけにしかない名店を訪れるも良し、飲んだお店のそばにあったラーメン店になだれ込むも良し!
あえて京都で有名チェーン店に入るもオツですね。

舞妓さんと飲むには?

京都の繁華街で飲み歩きを満喫するのもいいのですが……京都といえば! という象徴的な存在がいますよね……

……そう、舞妓さんです!!!

白塗りにお着物、はんなりとした話し方が可愛らしい舞妓さん!
京都の街を歩いているとまれに見かけることもできて、見つけるとすごくラッキーな気持ちになります!

そんな舞妓さんと一緒にお酒を飲んでみたいと思ったことはありませんか?
舞妓さんと遊ぶにはどこへ行けばいいのか、サラッと概要をまとめました。

舞妓さんと遊ぶのは「お茶屋」

京都で舞妓さんと遊ぶことを、「お茶屋遊び」あるいは「お座敷遊び」といいます。

お茶屋には、キャバクラ嬢のように舞妓さんが常駐しているわけではありません。
また、食事もお茶屋で作っているわけではないんです。

お茶屋はお座敷遊びをコーディネートする場所。
舞妓さんや芸妓さん、お料理などは全部、お茶屋の女将さんが馴染みのお店から呼び寄せてくれるのです。

一見さんお断りって本当?

この疑問は、残念ながら本当です……!

京都のお茶屋遊びは紹介制。しかも、1回紹介されれば次から一人で来られるわけでもありません。
何度も足しげく通って、舞妓さんや女将さんの信用を得られて初めて馴染みの客として訪れることが許されます。

お茶屋の場所はどこ?

簡単には行けず、謎に包まれた京都のお茶屋遊び。
ちょっと外からでも見てみたいと思うなら、お茶屋さんスポットは祇園です。

四条の大通りから少し外れると、古くていかにも由緒がありそうな建物が立ち並ぶエリアがあります。
ひっそりとしていて特に看板もないので、外から見るとなんでもない建物に見えるかもしれません。

先にお伝えした通り、祇園は京都の中でも高級店の繁華街エリア。お茶屋さんがあるのも納得ですよね。

お茶屋さんがあるので、道での舞妓さんとの遭遇率も高いです!

価格の相場は? 一見さんでも舞妓さんと遊ぶ方法はあるの?

価格はお茶屋によって本当にまちまちですが、飲食代に加えて、来てくれた舞妓さんに支払うお花代、舞を披露してもらったら宴会ご祝儀お立替も支払います。

舞妓さん一人につきお花代が3万円から5万円。
一人だけ来てもらうわけではなく、楽器を弾く芸妓さんもいらっしゃるので、1回で10万円は普通にかかります。

飲食費も京都のお料理をいただくわけですから……京都のお茶屋遊びには相当な覚悟が要りますね……!

ところで、京都観光というかたちで、一見さんでも舞妓さんと遊ぶ方法はあります!

旅館や料亭のプランで「お座敷体験」を用意しているところなら、一見さんでも利用が可能です。
京都へ観光に訪れた人がターゲットですから、値段も紹介制で遊ぶよりはお手頃ですが、それでも5万円程度は見込んでおいたほうが良いでしょう。

夜も京都の街を楽しもう!

京都には清水寺をはじめとする観光スポットが多いですが、京都は繁華街も魅力に溢れている土地です!
四条から三条の京都を代表する繁華街には、高級店から学生向け価格の居酒屋まで様々なお店が、歩きで行き来できる範囲にあります。

京都らしい街並みは歩いているだけでもテンションが上がりますし、繁華街も京都ならではのお店がいっぱい!
四条で京都の魅力を堪能して、三条の繁華街で京都人が集まる飲み屋に入れば、夜もめいっぱい京都を味わえます。

京都の繁華街エリアをチェックして、あなただけの京都旅を楽しんでみてください!

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら