Nightログ Nightログ

Bar

バーで恥をかかないために!適した服装やコーデをご紹介

バーと聞くと、どこか大人なイメージがありますよね。

一度もバーに行った事がない方にとっては、敷居が高く感じてしまうもの。

確かに、居酒屋に比べて高級感のある空間ですが、たまには贅沢な空間を楽しみましょう。

しかし、楽しむといっても、服装選びに迷ってしまいますよね。

  • パーカーなど、カジュアルな服装でも行けるのか
  • スーツじゃなきゃダメなの?
  • みんなどんな服装で行っているのか
  • 男女で適した服装の違いはあるのか

服装に関して、様々な悩みが出てきます。

そんな悩みを持った方の為に、バーに行く際の服装やマナーを解説します。

バー初心者でも、この記事を読めば、きっと自信を持ってバーに行くことができますよ。

服装が自由なバーとドレスコードのあるバーの違いとは

バーカウンター

バー」と聞いて連想するものはなんでしょうか。

男性、女性、共に様々なイメージをお持ちでしょう。

  • 男性はスーツ
  • 女性はドレス
  • 高級なイメージ
  • 静かで薄暗い
  • マナーが厳しそう

皆さんのバーに対するイメージは様々ですが、上記のようなイメージをされるのではないでしょうか。

しかし、実際にはいくつかの種類のバーがあります。

カジュアルな服装で行けるバーや、ドレスコードのあるオーセンティックなバーまで様々です。

バーに適した服の着こなしを紹介する前に、バーの種類や特徴を解説していきます。

「行きにくい」と感じている方でも、夜カフェ位のカジュアルな感覚で行けるバーもありますよ。

服装が自由なカジュアルバーとは

バー

カジュアルバーは、バーの中でも、気軽に行ける場所です。

「男はスーツ、女はドレス」のような服装の決まりがないので、普段着で楽しむ事ができます。

ジーンズスニーカーパーカーで行っても問題ありません。

スポーツ観戦が行われるバーも、カジュアルバーに分類され、割とガヤガヤしている雰囲気です。

カジュアルバーは、大学生が初めて行くバーとしても、おすすめです。

ちょっと背伸びして、バーでお酒を飲みたい時は、まずカジュアルバーから挑戦してみましょう。

若い女性グループだけでも、入りやすいお店なので、ガールズトークをする場所としても活用できます。

また、同窓会やパーティー目的で、貸切が可能なカジュアルバーもあります。

お洒落な空間でワイワイ盛り上がるのには、周囲の目が気になってしまいますよね。

そんな時は、お店丸ごと貸し切ってしまいましょう。

貸切であれば、クラブのように音楽を大音量で楽しむ事ができるバーもありますよ。

店舗によって貸切ができるかどうかは異なりますが、予算や人数によって対応してくれる場合もあります。

仲間内だけで、お洒落なバーの空間を貸し切れたら最高です。

ただし、お店のルールやマナーに沿って、盛り上がって下さいね。

オーセンティックバーとは

オーセンティックバー

皆さんがバーと聞いてイメージされるのは、この「オーセンティックバー」です。

映画のワンシーンに出てくるような、スーツで決めたメンズが行きそうなバーはこちらに分類されます。

カジュアルバーは大人数で会話や音楽で盛り上がる空間ですが、オーセンティックバーは少人数で静かにお酒や会話を楽しむ空間です。

全てのオーセンティックバーではないですが、場所によってはドレスコードがあるバーもあります。

ホテルに併設されたバーでは、ドレスコードが求められる場合が多いです。

そういった場所では、男性はスーツ、女性はドレスの着用が求められます。

パーティー向けの服装に近いイメージですね。

最初は少し緊張をしてしまいますが、慣れてくると、その非日常感が心地良く感じてきます。

バーテンダーや店内に流れるジャズなど、普段生活する上では体感できないものばかりです。

デートディナー後、2軒目にオーセンティックバーに行くプランもおすすめです。

普段見せない、大人な一面を見せるチャンスです。

バーに合わせて服装も変えよう

メンズファッション

バーの中には、カジュアルなバーから有名ホテルの格式高いバーまで、様々なバーがあります。

バーによっては、ドレスコードがあるバーもあるので、服装には気をつけなければいけません。

空間を楽しむと同時に、その空間に合うキレイめな服装をしていけば、より気分が上がるはず。

自分の服装がその空間に馴染むものであれば、あなたがバー初心者であっても、浮いてしまうことはありません。

服装もマナーの1つですので、TPOに合った服装を選びましょう。

しかし、いざバーに行こうと思っても、服装選びに苦戦してしまうものですよね。

夏や冬など、季節によっても服選びには苦戦します。

そんな服装選びの助けになれるように、男女別におすすめの服装や、コーディネートのポイントを紹介します。

普段ファッションに疎い方でも、ポイントさえ抑えておけばバーに馴染む着こなしをする事ができます。

ぜひ参考にして下さいね。

初心者でも分かる!オシャレなバーに適した服装選びのポイント

バーに適した服装を選ぶ際のポイントは、お店の雰囲気に合わせる事です。

そのお店で働く店員の服装を参考にするのも、服装選びに失敗しない為のコツです。

働いているスタッフの服装は、そのお店の雰囲気に合った服装になっています。

お店の雰囲気を掴む為には、そこで働く店員の服装が最も参考になります。


しかし、行った事が無いバーに行く際には、店員の服装を参考にはできません。

そんな時には、バーの格式や雰囲気に合わせたコーディネートをして行きましょう。

バーの種類によって、適した服装が異なってくるので、そのポイントを見ていきましょう。

カジュアルバーに適した服装とは

カジュアルなメンズファッション

カジュアルバーは、これといって服装の決まりはありません。

ドレスコードが無いので、普段着で行っても、問題無いです。

  • スーツやドレスを着るのが面倒
  • あまり着飾るのが得意では無い

パーティー向けのような、カチッとした服装をすると緊張して肩が凝ってしまう、なんて方もいますよね。

そんな方は、ドレスやスーツで着飾る事なく楽しめる、カジュアルバーがおすすめです。

デニムとTシャツでも楽しめる、気軽さがカジュアルバーの魅力ですね。

そんなカジュアルバーですが、「普段と全く同じ服装」に抵抗がある方は、小物で変化を持たせましょう。

アクセサリーやカバンなどで、カジュアルなコーディネートに華やかさを持たせる事ができます。

女性だけではなく男性も、お洒落に気を使っている方は、魅力的に見えますよ。

オーセンティックバーに適した服装とは

バーに適した男性ファッション

落ち着いた雰囲気のオーセンティックバーでは、キレイめな服装が基本になってきます。

男性であればシャツにジャケット、女性はワンピースやブラウスが適しています。

高級ホテルやパーティーに行くような正装ではなくとも、キレイめを意識しましょう。

「適した服装は?」と聞かれれば、上記のような服装が失敗しない服装です。

しかし、ドレスコードが無い限り、ドレスアップは絶対条件ではありません。

雰囲気に合った服装であれば、バーのマスターに入店を断られることはありません。

マナーを守った服装をする事、これが最も大切なポイントです。

これだけは意識して、服を選びましょう。

オーセンティックバーでマナー違反となり得る、NGな服装を、理由と共にいくつか紹介します。

NGな服装理由
汚れた服他の客に迷惑がかかる
半袖短パンお店の雰囲気を損なう
派手すぎる服お店の雰囲気を損なう

上記のように、お店や周囲の方に迷惑がかかる場合は、NGです。

あくまでお店の雰囲気を尊重して、マナーをわきまえる事が必要です。

ドレスコードが無いからといって、1人だけド派手な格好をしていては、雰囲気が損なわれます。

  • パーティー会場に、半袖短パンで行く人はいないですよね?
  • デートで着る服装には、いつもより気を遣いますよね?

それと同じで、最低限場所やマナーをわきまえた服装を心がけましょう。

周囲に迷惑がかかることもそうですが、自分の気持ちの持ちようも変わってきます。

お洒落な空間であれば、それに合わせたお洒落な服装をすることで、自分の気分も上がります。

空間を最大限楽しむ為にも、マナーを忘れず、服装には気を遣いましょう。

女性向け季節別のおすすめコーデ

バーの種類が分かったところで、コーディネートを紹介していきます。

まずは、女性のみなさんに向けた、おすすめコーデです。

場所によって、お店の雰囲気も変われば、服装の雰囲気も変えていく必要があります。

もちろん、夏や冬、といった季節に合わせたコーデも必要です。

カジュアルバーは特に服装の制限は無いので、オーセンティックバーを想定して服装を紹介していきますね。

ちょっとお洒落なバーに出かけたい時の、コーデの参考にして下さい。

パーティー会場に行く時のような、ドレスアップをする必要はないので、気軽に考えてみてくださいね。

お店の雰囲気を見て、服装を変えていきましょう。

季節別に、おすすめのコーディネートを解説していきます。
春と夏、秋と冬に分けて、コーディネートを紹介します。

おすすめの春夏コーデ

キレイめなスタイルをするにも、色味を入れるか、モノトーンで統一するのか迷いますよね。

また、パンツやスカート、トップスも何を着るか悩ましい限り。

色々な組み合わせがありますが、自分なりのコーデを楽しむのが1番です。

スタイル別に、おすすめのコーデを紹介していきます。

おすすめアイテムイメージ
カラーボトム華やかさ
デニムカジュアル
スカート女性らしさ
ワンピース大人っぽさ

カラーボトム

夏はモノトーンで、シンプルなコーデも素敵ですが、色味を入れると華やかな印象になります。

カラーボトムを履けば、薄暗いバーの中でも目立って印象的に見えます。

クールな印象でまとめたい時は、モノトーン。
華やかで映える装いをしたい時は、カラーコーデ。

相手からどう見られたいか、でカラーを決めましょう。

デニムパンツ

オーセンティックバーの中でも比較的カジュアルなバーもあります。

そんなバーに行く時は、デニムパンツでカジュアルに。
身構え過ぎず、普段の自分の魅力を出せますよ。

「シャツやジャケットだと硬くなってしまう」という方は、デニムにブラウスで気取らないコーディネートがおすすめです。

デニムでバーに行くことは敬遠されがちですが、シンプルにまとめれば雰囲気にマッチします。

むしろ、他の人と被らず魅力的に見えるものです。

スカート・ワンピース

他にも、スカートやワンピースを着用すれば、大人の女性を感じさせるコーディネートになります。

デートの時には女性らしさをアピールしちゃいましょう。

ただし、やり過ぎには要注意です。
靴やカバンで抜け感を出すのが、やり過ぎない為のポイントですよ。

おすすめの秋冬コーデ

秋冬にはクリスマスなどのイベントもあり、特に服装には気を遣う季節です。

特に冬には、イベントが盛り沢山です。

普段から何を着るのか、クローゼットの前で悩んでしまいます。

普段から悩んでしまうのに、行き慣れていないバーに行く時なんて、もっと困ってしまいますよね。

そんな悩みとは裏腹に、春夏コーデと同様、カジュアルなコーディデートでも品のある印象が与えられます。

おすすめアイテムイメージ
デザインニット上品さ
レーススカート女性らしさ
タイトスカート大人の魅力
ニットワンピシンプルなオシャレさ

デザインニット

デニムやワイドパンツで、リラックスした服装をしたいなら、トップスにアクセントをつけるのがおすすめです。

デザインニットを合わせれば、女の上品さを感じさせます。

ボトムスがカジュアルでも、特徴的なトップスを着ていれば、座っている姿も華やかな印象に。

レーススカート

女性らしさや大人っぽさを引き立たせるならやっぱりスカート!

レーススカートにニットをシックなトーンで合わせれば、バーで浮くことはありません。

バーの静かで、夜の大人の雰囲気と相性バッチリです。

ニットワンピース

春夏コーデでも活躍のワンピースは、秋冬にももってこいのコーデです。

ニットワンピはシンプルな印象ですが、パンプスやカバンで華やかさをプラスしてあげましょう。

少し大きめにアクセサリーで、コーデにワンポイント変化をつけるのも効果的です。

シンプルになりがちなワンピースは、小物で勝負。

小物をうまく使うことで、より女性らしさがアップしますよ。

デートでも使える!男性向けおすすめコーデ

男性だって、バーに行く時は何を着ていくか迷ってしまいますよね。

いきなり女性に、「バーに連れて行って!」と言われたら、何を着ていきますか?

  • 無難にスーツでしょうか?
  • パーティーに行くような、ドレスアップが必要でしょうか?

万が一でも、気合を入れ過ぎて、場違いな服装にはなりたくないものです。

おすすめコーデを参考に、バーに行く際のシュミレーションをしておきましょう。

バーに適した服装を知っておけば、デートやちょっとしたパーティーに出かける際にも、役立ちますよ。

おすすめの春夏コーデ

どうしても、カジュアルになりがちな春夏コーデですが、小綺麗な服装を意識しましょう。

「小綺麗な服装」と聞いても、具体的なイメージが沸かないでしょう。

ですが、答えはシンプルです。

襟付きかどうか、だけで一気に印象が変わります。

バーのドレスコード

具体的に言うと、ポロシャツなど。

もし、カットソーを着たい場合は、薄めのジャケットと合わせるといいでしょう。

カットソー単体で着てしまうと、カジュアル過ぎる印象になってしまいます。

ボトムスはたとえデニムでも、シャツを合わせれば清潔感が出るので、バーでも十分通用します。

シンプルで小綺麗なコーディネート、これが春夏のおすすめコーディネートです。

おすすめの秋冬コーデ

まず、秋冬で鉄板な服装は、ジャケットにパンツを合わせたコーディネートです。

ジャケットは、大人な男の代名詞的な存在です。

バーのドレスコード

スーツとまではいかずとも、普段と違う印象にしたい時は、ジャケット着用が間違いないコーデではあります。

オーセンティックバーに行く際には、ジャケットが無難なコーデです。

さらに、時計や靴にこだわりがあれば、オシャレ度はアップします。

いつもデニムやパーカーなど、カジュアルな服ばかり、という方はギャップのある格好をしてみるのもいいのでは。

もちろん、モノトーンでシックなコーディネートも大人っぽさはあります。

しかし、秋冬という季節的に、色味がある服の方が柔らかい印象になります。

ジャケットを着るにしても、暖色のニットを中に着るなど、アクセントカラーを入れると小慣れた感じに見えますよ。

普段の印象と異なった服装をすれば、女性から見たあなたの印象もガラッと変わります。

春夏秋冬、それぞれの季節に合ったコーデで、女性との素敵なデートを楽しんで下さいね。

短パンやビーチサンダルはマナー違反?服装の注意点とは

カジュアルなバーもあるとはいえ、どこまでのカジュアルさが許されるのでしょうか。

男性に特に多いですが、「夏は短パンとビーサンでしょ」という方は、バーに行けるのか。

そんな疑問にお答えします。

バー選びと服装選びはセットで考える、という事がポイントです。

バーでNGな服装とは

一般的には高級ホテルにあるバーやレストラン、クラブでは、日本も海外もドレスコードを設けていて、基本的にビーチサンダルはNGのところが多いです!

男性は襟付きのシャツでないと入店できないところもあるので、事前に確認するのが安心!

ただ単にバーといっても、その種類は様々です。

上記で紹介した、カジュアルバーやオーセンティックバーなど、いろいろなバーがあります。

全てまとめて、NGな服装の境界を引くのは難しいですが、バーの雰囲気に合った服装であれば基本は問題ないのです。

例えば、グアムやハワイ、バンコクなどのリゾート地にあるバーであればカジュアルな雰囲気ですよね。

スーツを着るよりも、むしろ夏は短パンで行った方が雰囲気に合っている場合もあります。

リゾート地ならではの事ですが、短パンにビーチサンダルが、一般的な服装として認知されている場所だってあります。

シンガポールなどの東南アジアと、ニューヨークやヨーロッパとでは服装は異なりますよね。

行く先々や季節によって適した服装は変わってきますし、NGな服装も変わってきます。

バーでも、適した服装は、お店の場所や種類によってまちまちです。

スポーツバーなどでは、多くの人が応援するチームのユニフォームを着てバーに行きますよね。

オリンピック時には代表ユニフォームを着て試合観戦した方が、雰囲気に合っていると言えます。

このように、場所をわきまえた服装をする事を意識してください。
それさえ忘れなければ、バーのマスターに追い出されることもありません!

服装よりマナーを意識しよう

バーによっては、服装よりも「マナー」を重視する店も多いです。

ジャズが流れる静かな店内で、居酒屋に居るのと同じ感覚で騒いでいては、せっかくの雰囲気が台無しになってしまいます。

バーに来ている客の中には、落ち着いて、バーテンダーが作るウイスキーやカクテルを楽しみに来ている方もいます。

そんな中で、笑い声が響いていたら居心地が悪くなってしまうでしょう。

服装どうこうよりも、お店のマナーを守れない客の方が、悪目立ちしてしまいます。

まずはマナーを守って、バーの雰囲気を楽しむこと。

そうすれば、自ずとNGな服装をすることもなくなりますよ。

バーでのマナーを守って楽しもう

服装や振る舞い、バーでは最低限のマナーを持って楽しみましょう。

明らかなマナー違反は、マスターから出禁を言い渡される可能性だってあります。

せっかくのオシャレな空間。節度をもって、楽しみましょう。

香水のつけ過ぎはマナー違反

バーでよくあるマナー違反の1つが、香水の匂いです。

特に、女性は注意が必要です。

バーでは、「お酒の香りを楽しみたい」という方もいます。

そんな時に、香水の匂いがあまりにも強いと、香りを邪魔してしまいます。

隣に来た、女性客の香水がきついから致し方なく席を移動する、という経験がある方も多いはず。

逆もしかり、女性だけでなく、男性も香水のつけ過ぎには要注意ですよ。

酔い過ぎに注意

2軒目に、バーに移動する場合も想定されます。

同窓会やパーティーの二次会で、バーに移動するケースも多いですよね。

お酒の量も増え、だんだんと酔いが回ってきます。

気持ちよく飲むのはいいですが、ベロベロになるまで飲むのはNGです。

せっかくのパーティーやデートでも、酔い過ぎたら台無しになってしまいます。

自我を保てる程度に酔うのは気持ちの良いものですが、雰囲気の良さを理由に飲み過ぎないように注意しましょう。

バーの雰囲気と、マスターに敬意を払いながら、マナーを守って楽しむことを忘れないでくださいね。

まとめ

バーに行く時の服装は、居酒屋に行く時と同じというわけにはいかないと考えてしましますよね。

大人の雰囲気が漂うバーですが、TPOをわきまえた服装を意識すれば、バーで恥をかくことはありません。

あまり硬く考え過ぎずに、春夏秋冬に合わせたコーディネートでバーの雰囲気を楽しみましょう。

2021年現在ではコロナ禍で外ではなかなかお酒を楽しめない時期ですが、いつか解禁されたらバーに行こうという方も、服装選びに迷ったらこの記事をぜひ参考にしてくださいね。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら