Nightログ Nightログ

お酒

【ボトル価格1万円以上】高級ウイスキーを紹介

ウイスキーにはボトル価格1万円以上の高級銘柄が存在します。

お酒好きなら一度は高級ウイスキーを飲んでみたいですよね♪

また、高級ウイスキーがなぜ高いのか知りたい人もいると思います。

そこで今回は、高級ウイスキーが高い理由やおすすめのウイスキーを紹介します。

 

高級ウイスキーはなぜ高いの?

まずは高級ウイスキーが高い理由を解説します。

高級ウイスキーが高い理由

最近、ウイスキーの価格が高騰しています。

特にジャパニーズウイスキーの価格が上がり、数年前と比べて2倍以上の価値がついたものもあります。

ジャパニーズウイスキーが高くなっているのは「原酒不足」が理由です。

国産ウイスキーのシェアはサントリーが約70%、ニッカウヰスキーが約20%と市場の約9割を占めています。そのため、原酒を維持しながら生産を進めなければなりません。

しかしジャパニーズウイスキーは、世界の権威あるコンテストでは高い評価を得ています。国内外から購入希望者が殺到し、今の原酒だけでは追いつかない現状があるのです。

それに加え、NHKの連続テレビ小説「マッサン」の放映や訪日外国人観光客に増加もあり、日本のウイスキーの価格は高騰しています。

年数によって価格が異なる!?

ウイスキーは熟成年数によっても価格が異なります。

ウイスキーのボトルには「12年」「18年」「21年」など、熟成年数が記載されています。

熟成年数が長いほど美味しいとは限りませんが、それだけ手間隙がかかっているため価格が上がりやすいんです♪

またウイスキーは樽で熟成すると、自然な蒸発により量が減っていきます。熟成年数が長くなるほど量は少なくなるため、希少価値が高まるのです。

ちなみに2011年に山崎蒸溜所から「山崎50年」が販売されています。価格は100万円でしたが、2018年には3,000万円にまで高騰し、大きな話題を呼びました。

このように、ウイスキーは熟成年数が長くなるほど値段が高くなる傾向があります。

ボトル1万円以上の高級ウイスキー

それではボトル1万円以上の高級ウイスキーを紹介します。

響 BLENDER’S CHOICE

  • 種類:ブレンデッドウイスキー
  • アルコール度数:43%
  • 原産国:日本
  • メーカー:サントリー

「響 BLENDER’S CHOICE」は、サントリーが手掛けるブレンデッドウイスキーです。

さまざまな樽や原酒を厳選し、ブレンダーが丁寧にブレンドをしています。

12〜30年の希少な原酒を使用しているので、深いコクとまろやかさを感じ取れるでしょう。

いちごや桃、パイナップルのような甘みと、クリームブリュレのような香りが相まって、贅沢な気分になれますよ♪

イチローズモルト ミズナラウッドリザーブ

  • 種類:ブレンデッドウイスキー
  • アルコール度数:46%
  • 原産国:日本
  • メーカー:ベンチャーウイスキー(秩父蒸溜所)

「イチローズモルト ミズナラウッドリザーブ」は、埼玉県秩父市のベンチャーウイスキー(秩父蒸溜所)が手掛けるブレンデッドウイスキーです。

サントリーで経験を積んだ肥土伊知郎氏が設立した会社で、2008年からウイスキー造りを行っています。

ミズナラウッドリザーブは、北海道産のミズナラの樽を使用。ミズナラはジャパニーズオークと呼ばれ、日本ウイスキーを代表する樹木です。お香のような香りが特徴的で、ウイスキーに深みと繊細さを与えてくれます。

また希少な羽生蒸留所の原酒をブレンドすることにより、ドライフルーツやチョコレートのような風味を実現。
ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)では世界最優秀賞を受賞しています。

国産ウイスキーが世界に認められているのは嬉しいですよね♪

山崎12年

  • 種類:シングルモルトウイスキー
  • アルコール度数:43%
  • 原産国:日本
  • メーカー:サントリー(山崎蒸溜所)

日本を代表するシングルモルトウイスキーの「山崎12年」。サントリーの山崎蒸溜所の竣工60年目の1984年に登場した歴史あるウイスキーです。

山崎蒸溜所は、山と川に囲まれた自然豊かな場所にあります。水生野(みなせの)と呼ばれる名水の里であり、名水百選にも選ばれた「離宮の水」を使用しています。

山崎12年は、穀物や樽の香りと凝縮されたコクが特徴です。また仕込みや発酵に時間をかけているため、炭酸水で割っても風味が崩れることはありません。

ハイボールだけでなく、ストレートやロック、水割りなどで楽しんでみてくださいね♪

ニッカ カフェモルト

  • 種類:シングルモルトウイスキー
  • アルコール度数:45%
  • 原産国:日本
  • メーカー:アサヒビール

「ニッカ カフェモルト」は、ニッカウヰスキーの伝統的なカフェ式連続式蒸溜機「カフェスチル」でつくられたシングルモルトウイスキーです。

カフェスチルで製造されるウイスキーは、トウモロコシなどを原料にしたグレーンウイスキーが主流です。しかしニッカウヰスキーでは、大麦(モルト)を使用し、香ばしさと甘み溢れるシングルモルトに仕上げています。

その品質は高く評価されイギリスのスピリッツ専門誌「THE SPIRITS BUSINESS」で「THE MOST INNOVATIVE SPIRITS LAUNCH OF 2014」を受賞しています。

大麦麦芽の香ばしさと、バナナやメロン、ハチミツのような甘みが特徴です。モルト本来の味わいを感じたい人は、ぜひ試してみてくださいね♪

ラフロイグ 18年

  • 種類:シングルモルトウイスキー
  • アルコール度数:48%
  • 原産国:イギリス
  • メーカー:ラフロイグ

ピート臭の代名詞ともいえるラフロイグ。日本では「正露丸」「薬品臭」と例えられることのあるウイスキーです。

「ラフロイグ18年」は、バーボン樽で仕込まれた18年以上の長期熟成原酒を使用しています。

周りを海に囲まれたアイラ島で製造されているラフロイグ。ピート臭に加え、潮の香りや塩味がウイスキーに染み込み、さらに個性的な味わいとなります。

またピーティーでありながら、チョコレートのような風味と甘みを感じられるのも魅力のひとつ。

ピート臭が好きな人や個性的なウイスキーを飲みたい人におすすめです♪

バランタイン 30年

  • 種類:ブレンデッドウイスキー
  • アルコール度数:40%
  • 原産国:イギリス
  • メーカー:バランタイン

バランタインは、スコッチを代表するブレンデッドウイスキーです。

スコットランドで造られた40種類以上のモルト原酒を厳選し、マスターブレンダーの手によってブレンドされています。

「バランタイン30年」は、バランタインの最高峰ともいえる銘柄。30年の熟成を経たバランタインは深みのある黄金色に輝いています。

ハチミツやバニラ、レーズンのような濃厚な甘みが口いっぱいに広がり、贅沢な気分になれるでしょう♪

オクトモア 10.1

  • 種類:シングルモルトウイスキー
  • アルコール度数:59.8%
  • 原産国:イギリス
  • メーカー:オクトモア

オクトモアは、「世界で最もピーティーなシングルモルト」としてウイスキー愛好家から支持されています。

「オクトモア10.1」は、アメリカンウイスキーのオーク樽のみを使用し5年間熟成。各要素を足し算した「スーパー・ヘビリー・ピーテッド」と呼ばれ、力強いウイスキーに仕上がっています。

バニラやキャラメルのような甘みがあるため、スモーキーさもすっきりしています。

まとめ

今回は高級ウイスキーが高い理由やおすすめのウイスキーを紹介してきました。

ボトル1本を買うのに抵抗のある人は、グラスで飲めるバーなどでお気に入りを見つけてみましょう。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら