Nightログ Nightログ

居酒屋

名古屋の繁華街、名駅・栄・丸の内・伏見を紹介

せっかく名古屋へ行くなら栄えている繁華街で遊びたいですよね!

有名な場所でいえば、名駅周辺や栄、丸の内、伏見が定番の繁華街です。

今回は、それぞれの繁華街の特徴を解説しつつ、名古屋メシが味わえるおすすめのお店を紹介していきます♪

※繁華街やお店の情報は執筆時点(2021年7月)のものになりますのでご了承ください。

名古屋の繁華街はどこ?

名古屋市内を観光するなら、繁華街を拠点にして巡るのがおすすめ。

名古屋の代表的な繁華街は、

・観光の玄関口である名古屋駅
・若者が集まる流行の発信地である
・オフィス街が広がる丸の内
・新しい街並みと古い街並みが融合した伏見

この4つのエリアを中心に考えると観光しやすいですよ!

名古屋で飲むなら名駅周辺

名駅周辺

名古屋駅は、愛知県名古屋市中村区にある愛知県の玄関口です。

中部地方最大のターミナル駅として知られ、東海道新幹線の全車両が停車します。
また、あおなみ線や名古屋市営地下鉄も乗り入れており、観光の拠点におすすめのエリアです。

名駅には「JRセントラルタワーズ」という駅ビルがあり、「世界一売り場面積の広い駅ビル」としてギネスに申請した経歴もあります。

JRセントラルタワーズ
JRセントラルタワーズ

名古屋で飲み歩き&夜を楽しむなら名駅周辺がおすすめです!

JR名古屋駅構内には、「名古屋うまいもん通り」があり、美味しい名古屋メシのお店が約30店舗(2021年7月時点)営業。
ひつまぶしや味噌カツ、味噌煮込みうどんなど、名古屋の有名店が味わえます。

現在は、リニア中央新幹線の駅が名古屋駅構内に建設されており、お店によっては工事中の場合がありますので注意してください。

また、名古屋駅を出ると道沿いに多くの居酒屋を見つけることもできます。

多くの居酒屋は名駅周辺に集結しているので、歩いているだけで美味しそうなお店が見つかります♪

デパート・商業施設の多い栄

名古屋市中区栄

名古屋市中区の栄は、中部地方最大の繁華街として多くの人で賑わうエリアです。

東西に広がる広小路通と、大津通が交わる栄交差点を中心に、商業施設や飲食店、ファッションのお店が集結しています。

栄駅は、名古屋駅から電車で5分。名古屋市営地下鉄東山線と名古屋市営地下鉄名城線が乗り入れており、観光の拠点として活用されています。

2027年のリニア中央新幹線開通を控えていることから、栄では「栄地区グランドビジョン―さかえ魅力向上方針―」を計画。さらに賑わいのある街づくりを推進しています。

名古屋栄オアシス21とテレビ塔
オアシス21とテレビ塔

近隣には、日本有数の規模を誇る久屋大通公園があります。園内には名古屋テレビ塔があり、展望デッキに登ると名古屋の街並みを一望できます。ショッピングで疲れた時や、緑に癒されたい時におすすめです。

そして、栄といえばショッピングです!松坂屋名古屋店や名古屋三越 栄店などのデパートをはじめ、名古屋PARCOやクレアーレ、ラシック、メルサなど、流行の発信地として栄えています。
一日中ショッピングを楽しめる場所なので、日本全国からの観光客も多い場所ですよ。

また栄は文化の発信地としても有名です。クラシックやオペラの公演が行われる愛知県芸術劇場、作家や芸術家の作品を展示する名古屋市美術館、世界最大級のプラネタリウムが楽しめる名古屋市科学館など、芸術にも触れ合えるエリアです。

ショッピングからグルメ、芸術まで一日を通して楽しめるのが栄の魅力といえるでしょう。

落ち着いた繁華街なら丸の内、伏見

名古屋伏見通り

落ち着いて観光を楽しみたいなら、丸の内や伏見がおすすめです。

丸の内は、名古屋有数のビジネス街・官庁街として知られています。大企業のオフィスや名古屋商科大学のキャンパスがあり、サラリーマンだけでなく学生の姿もある珍しいエリアです。

近くには、90万冊の本を所蔵している愛知県図書館があります。コンセントのあるパソコン専用席やビジネス書のコーナーもあるため、仕事や勉強をしたい人にもおすすめ。
名古屋の観光情報も収集できるため、足を運んでみるのもいいでしょう。

また名古屋港水族館や東山動物園へのアクセスも良く、観光の拠点としても活用できます。

名古屋市中区錦に位置する伏見は、オフィス街と古い街並みが融合するエリアです。もともと問屋街や繊維街だったことから、その景色をそのまま残しています。

ビジネス街ということもあり、ランチの安いお店やスーパーマーケット、コンビニなど、生活には欠かせないお店が密集しています。

また10分ほど歩けば、栄や名古屋駅にも行けるため観光の拠点としても活躍してくれるでしょう。

名古屋名物が食べられるお店は?

名古屋に行くなら、名古屋メシを食べたいですよね!

そこで名古屋名物の料理を食べられる有名なお店をピックアップしました♪

味噌カツが有名なお店

まずは味噌カツが有名な3店舗を紹介します。

矢場とん

矢場とんは、名古屋を代表する味噌カツ専門店です。戦後間もない1947年に「矢場のとんかつ」として開業。もともと名古屋では、串カツにどて煮に汁をつけて食べており、それにアイデアが浮かび味噌カツを開発したそうです。

現在は、愛知県以外の都道府県にも出店し、全国展開を果たしています。

味噌カツが有名なお店だけあり、味噌ダレにはこだわりを持っているお店です。味噌ダレといえばドロッとしたものをイメージしますが、矢場とんの味噌ダレはサラッとしています。これは、どて煮に浸して食べていたのを創業当時から守っているからです。

矢場とんでは、「厳選された食材」「調理方法」「バランス」を大切にし、絶妙なバランスの味噌カツを作り続けています。

味噌カツの元祖ともいえるお店なので、名古屋を訪れた際はぜひご賞味ください。

とん八

とん八は、名古屋市で圧倒的な人気を誇る味噌カツの有名店です。一番人気は「味噌とんかつ定食」で、ドロリとした味噌がたっぷりとかけられたカツは、ご飯やお酒が止まらなくなります。

また味噌ダレには化学調味料を一切使用せず、岡崎八丁味噌の味を活かした仕上がり。さらに、豚は美濃産の健康豚。パン粉はとん八独自のブレンドパン粉でからりと揚げ、ご飯は新潟県産のコシヒカリを使用しています。

全ての食材にこだわりがあり、感動するほど旨味が広がる味噌カツに仕上がっています。

1店舗しかないため、あらかじめ電話などで確認してから行くことをおすすめします。

味処 叶

味処 叶は、「味噌カツ発祥の店」として知られる名店です。昭和24年に創業して以来、こだわりの味を守り続けています。栄駅から徒歩3分の場所にあり、地元の人に愛されるお店です。

名物の「元祖味噌カツ」は、ご飯の上に味噌カツがダイナミックに乗せられ、ボリューム感のあるビジュアルが目を引きます。

カラッと揚げたカツを味噌で煮込んでいるため、衣の中まで味噌の旨味が染み込んでいます。追加で半熟卵をトッピングすれば、まろやかな味わいになりご飯が止まらなくなるでしょう。

元祖の味噌カツを食べたい人は、ぜひ訪れてみてください。

ひつまぶしが有名なお店

”名古屋といったらひつまぶし!”ということで、ひつまぶしが有名なお店を紹介します。

あつた蓬莱軒

あつた蓬莱軒は、明治6年創業の老舗料理店です。創業当時はうなぎと鶏肉が名物で、多くの人に愛される店でした。

しかし、出前の注文が多く丼の皿が割れることに悩まされていました。そこで2代目店主は木の器(おひつ)を考案し、それに数人分のうな丼を入れて出前をするように。

また、先にうなぎを食べてご飯が残ってしまうため、うなぎを細かく刻んで入れたところ、それが人気となり現在のひつまぶしになったといいます。

まさにひつまぶしの原点のお店であり、名古屋メシを味わうには最適なお店です。

あつた蓬莱軒では、新鮮で活きのよい国産うなぎを火力の強い備長炭で焼き上げ、創業当時から継ぎ足し続けた秘伝のタレをかけて仕上げます。

表面はカリッと、それでいて身はふわっと柔らかく口の中でとろけます♪
そのまま食べても、薬味やおだしで味変しても美味しい絶品ひつまぶしが堪能できますよ!

本場のひつまぶしを味わいたい人は、ぜひ訪れてみてくださいね。

ひつまぶし名古屋備長

ひつまぶし名古屋備長は、愛知県丹羽郡に本店を構えるひつまぶし専門店です。

店名の通り、うなぎを備長炭で香ばしく焼き上げるのが特徴。皮はパリッと、身はしっとりと最高の食感を味わえます♪

良質なうなぎを全国から厳選し、ご飯は人と環境に優しい農法で育てた新米だけを使用しています。

またタレには愛知県産のたまり醤油、お茶は静岡県菊川市の深蒸し茶を使用。細部までこだわりを持ってひつまぶしを作っています。

名古屋駅にも店舗がありますので、観光ついでに訪れてみてはいかがでしょうか。

名古屋コーチンの手羽先が有名なお店

名古屋コーチンの手羽先が有名なお店を紹介します。

鳥銀本店

鳥銀本店は、名古屋コーチン料理の専門店です。東海地方ではテレビCMが流れているため、知っている人も多いのではないでしょうか。

「名古屋コーチンの美味しさを少しでも多くの方に知って頂きたい」というコンセプトをもとに、名物の名古屋コーチン鍋をはじめ、さまざまな料理を提供しています。

最高級の純系名古屋コーチンのみを使用し、その中でも特に鮮度の高い朝引きの極上「名古屋コーチン」を厳選。名古屋コーチンの良さを存分に味わうことができます。

中でも「コーチン手羽先唐揚げ」はカリカリでジューシー。口の中にスパイシーな旨味が広がります。

主にコース料理での提供ですが、+580円(税込638円)で「名古屋コーチン手羽先唐揚特上大(2本)」をつけることもできます。(2021年7月時点)

新鮮な名古屋コーチンの手羽先を食べたい人におすすめです。

鳥開総本家

鳥開総本家は、名古屋を中心に展開する鶏料理専門店です。

東海地方産の新鮮な名古屋コーチンのみを使用し、こだわりを持って鶏料理を提供しています。

一番の看板メニューは、名古屋コーチンの親子丼。第一回全国丼グランプリにて金賞を受賞し、全国から高い支持を得ています。

そして、名古屋コーチンを使用した手羽先唐揚げもお店の名物です。全国「からあげグランプリ手羽先部門」では、3年連続最高金賞を受賞。手羽先の唐揚げの頂点に君臨しています。

外はパリッと中はジューシーに仕上げ、赤ワインと数種類の調味料と食材を配合した秘伝のタレを絡ませて仕上げます。

また最後にかける塩は、鳥開オリジナルのブレンド塩です。塩を振るタイミングや振り方ひとつで味が変わるため、修行を重ねた職人の手で仕上げられます。

日本全国で認められた手羽先が食べられるのは、鳥開総本家だけでしょう。

愛知の繁華街でよくある質問

名古屋の繁華街についてよくある質問に回答していきます。

コロナの影響はありますか?

名古屋の繁華街もコロナの影響を受けています。人気の飲み屋が閉業したり、クラスターが起きる事件があったりと、飲食店は大打撃を受けました。

特に2019年〜2020年は、緊急事態宣言もあり厳しい状況が続いています。まだお店によっては自粛を続けているところもあるため、来店する際は電話やホームページを確認しておきましょう。

名駅や栄以外に有名な繁華街はありますか?

栄や名駅以外にも繁華街はあります。

大須や錦三丁目、観音などは中心地からも近く、ショッピングや飲食店、カラオケ、ホテルなども充実しています。

観光の予定に余裕がある人は、ぜひ訪れてみてくださいね。

大須商店街はどんな場所ですか?

大須商店街は、愛知県名古屋市中区大須2丁目〜3丁目付近にある商店街です。

東西約700m、南北約500mに広がる商店街には、約1,200のお店が軒を連ねています。

大須という街は、大須大道町人祭に代表されるように文化や芸術、グルメなど、どんなものも受け入れる商店街として愛されています。

商店街のほとんどがアーケードになっているため、雨の日でも快適に買い物ができるのが魅力です。

また大須に行くなら、街のシンボルとなっている「大須観音」は外せません。江戸時代初期に徳川家康の命により大須に移されたものです。境内には鳩のエサの無人販売機があり、餌やりも楽しめます。

ショッピングの疲れを癒したい時におすすめの観光地です。

ホテルを取るならどのエリアがいいですか?

ホテルを取るなら、今回紹介した名古屋の駅前や栄、伏見あたりがおすすめです。

どのエリアも名古屋の中心部にあり、観光やショッピングに便利な場所です。特に栄と名駅周辺は、県外へのアクセスも良いため、多くの観光客が宿泊しています。

最近は、コロナの影響もありリーズナブルに宿泊できるホテルも増えてきました。ぜひ予約サイトをチェックしてみてくださいね。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら