Nightログ Nightログ

お酒

東京のハイボール専門店「ハイボールバー」10選

仕事終わりに「ハイボールで一杯」という人もいるのではないでしょうか。

ハイボールが好きな方は、ハイボール専門のバーに行ってみると面白いかもしれません♪

今回は東京都内になるハイボールバーをまとめて紹介します。

ウイスキーが好きな方やハイボールでさっぱりしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハイボールには種類がたくさん!

一言にハイボールといっても、さまざまな種類があります。

ウイスキーの生産地や蒸留方法によっても変わるため、自分の好みを把握しておくことも大切です。

世界5大ウイスキー

ウイスキーには「世界5大ウイスキー」が存在します。

それぞれの特徴を押さえておけば、ハイボール選びも楽しくなるはずです。

スコッチウイスキー

イギリス北部のスコットランドで生産されるウイスキーです。原料の麦芽を乾燥させる時にピート(泥炭)を使用するため、スモーキーでコクのあるウイスキーに仕上がります。

スコットランドの地域によっても味わいは変わりますが、日本のウイスキーはスコッチを参考にしています。そのため、日本人の味覚にも合いやすいのがポイントです。

カナディアンウイスキー

カナダで生産されるウイスキーです。穀物のみを原料とし、優しく軽快な口当たりが楽しめます。非常にすっきりしているので、爽快感のあるハイボールを飲みたい人におすすめです。

アイリッシュウイスキー

アイルランドで生産されるウイスキーです。アイリッシュウイスキーは蒸留を3回繰り返すため、クセが少なくマイルドな飲み口が楽しめます。どんな料理にも合わせやすく、日本の料理とも相性抜群ですよ。

アメリカンウイスキー

アメリカで生産されているアメリカンウイスキー。バーボンやコーンウイスキーなど多種多様な銘柄が造られています。香りが強くコク深いのが特徴で、力強いハイボールが楽しめますよ。

ジャパニーズウイスキー

日本国内で生産されているジャパニーズウイスキー。ニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝氏がスコットランドで蒸留技術を学び、日本ウイスキー業界を発展させてきました。

日本ならではの繊細さが特徴で、口当たりが軽く複雑な味わいのハイボールになります。

モルト・グレーン・ブレンデッドとは?

ウイスキーにはモルト・グレーン・ブレンデッドの3種類があります。

モルト:大麦を原料とし単式蒸溜器で2回蒸溜して造られる。樽の香りが反映されやすく個性溢れる味わいとなる。
グレーン:トウモロコシ、小麦などの穀類と麦芽を原料とし連続式蒸留で造られる。風味が軽く、すっきりした味わいが特徴。
ブレンデッド:モルトとグレーンをブレンドしたもの。バランスがよく初心者にも飲みやすい銘柄が多い。

それぞれの特徴を理解して、ハイボールを注文すると面白いですよ。

都内で人気のハイボールバー10選

それでは東京都内で人気のハイボールバーを紹介します。

HIGHBALL BAR 新橋 1923

HIGHBALL BAR 新橋 1923は、プレミアムウイスキーやシングルモルトウイスキーを取り揃えたハイボール専門店です。

店内はノスタルジックなモダンをテーマに、どこか懐かしい気持ちにしてくれます。

おすすめは「新橋ハイボール」。

グレンフィディック12年スペシャルリザーブを独自の特製ソーダ割りし、ライムとグレープフルーツの香りを加えて仕上げられています。

ハイボールは全て「天然水」「強炭酸」「特製氷」で提供し、最高の状態でハイボールを飲めちゃいます♪

料理は自家製燻製料理やご当地食材を使ったおつまみを提供。もちろんハイボールと相性の良い、ハムカツやフライドポテトもあるのでご安心を。

こだわりの一杯を飲みたい方は、ぜひ立ち寄ってみてください。

十来Bar

十来Barは「町田一旨いハイボールを提供する店」として注目を集めています。

英国風の店内はシックで落ち着いた雰囲気があります。個室も用意されているため、デートや接待にもおすすめです。

名物はマイナス23℃まで冷やした角瓶とキンキンに冷やした強炭酸、ガチガチに凍らせた氷から作られる「トロ角ハイ」。疲れた体に染み渡ること間違いなしです。

その他にも、世界5大ウイスキーの有名銘柄を取り揃え、自分好みのハイボールを味わえちゃいます♪

おつまみは、お店の認定燻製師が仕上げた燻製料理が人気。キンキンに冷えたハイボールとスモーキーな燻製を味わってみてはいかがでしょうか。

ハイボールバー HOME

新橋にお店を構えるハイボールバー HOME。

約30種類のハイボールを取り揃え、ビジネスマンの疲れた体を癒し続けています。

店内はスタイリッシュにこだわり、おしゃれな雰囲気でお酒と料理を楽しめます。完全個室も完備しているため、デートや接待にもおすすめですよ♪

人気メニューは「長芋とパプリカのピクルス」。長芋のシャキシャキ感とお酢のさっぱり感がハイボールとよく合います。

いろんな種類のハイボールを飲んでみたい人は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ROCK FISH

銀座にお店を構えるROCK FISH。

銀座らしさとカジュアルさを兼ね備えた、カウンターとテーブル8席の小さなお店です。

訪れたお客さんのほとんどが注文する「銀座ハイボール」はお店の看板メニューです。

冷凍庫で冷やしたサントリー角瓶復刻版とウィルキンソン炭酸を一気に注ぎ、レモンピールを絞る。キンキンに冷えているので、氷なしで提供されます。シンプルながら奥深い味わいが楽しめる一杯です。

料理は「オイルサーディン山椒焼き」や「油揚げのウィンナーチーズ焼き」といった素材を活かした料理が多い印象。洗練されたハイボールと料理を楽しめるお店です。

SHINAGAWA HIGHBALL BAR

SHINAGAWA HIGHBALL BARは、ブラックニッカハイボールが有名なお店です。

カジュアルな店内は若い人でも入りやすく、いつも多くの人で賑わっています。

コース料理も充実していて、特に「生ハム食べ飲み放題コース」が人気。切り出しプロシュートを何度でもおかわりでき、こってりした口をハイボールで洗い流せます。

気軽にハイボールを飲みたい人や、仲の良い友人とワイワイしたい人におすすめのお店です。

焼鳥唐揚ハイボール

池袋駅から徒歩3分の場所にある焼鳥唐揚ハイボール。その名の通り、焼鳥と唐揚げ、ハイボールがウリの居酒屋です。

店内はカジュアルでおしゃれな雰囲気で、若い人の中心に賑わっています。

定番の「黄金比のハイボール」は、お客さんのほとんどが注文する人気メニュー。その他にも、「完熟パイナップルのハイボール」や「ミントとライムのモヒートハイボール」といったアレンジハイボールも充実しています。

焼鳥と唐揚げが有名なお店ですが、実は隠れた逸品があるんです♪

それが「白湯スープの鶏茶漬け」。旨味が凝縮した白湯スープのお茶漬けで、これ目当てに来店する人もいるほどです。

ガッツリ飲むだけでなく、〆のお店としても活用できそうですね。

浜松町ハイボールバー

浜松駅から徒歩1分の場所にある浜松ハイボールバー。

スタイリッシュでカジュアルな店内は、デートやサク飲みに最適です。

名物は強炭酸で仕上げる「スプラッシュハイボールクリア」。ノンピートモルトなので、クセがなくすっきりとした飲み口が楽しめますよ。

料理は「旨辛フライドチキン」や「秘伝のハーブソーセージ」「ハイボールバーのハムカツ」など、ハイボールに合わせたメニューが豊富。

ガッツリ系のおつまみを頬張りつつ、キンキンに冷えたハイボールを流し込んでくださいね。

ハイボール×燻製バル 燻男 新橋店

ハイボール×燻製バル 燻男 新橋店は、ハイボールと燻製が楽しめる居酒屋です。

木目を基調とした店内はおしゃれでスタイリッシュ。カウンターにはウイスキーがディスプレイされており、こだわりを感じ取れます。

こちらでは、世界5大ウイスキーを取り揃え、お好みに合わせたウイスキーを提供。自家製燻製も自慢で「燻製肉の盛り合わせ」は多くのリピーターを生み出しています。

飲み放題付きコースもありますので、気の合う仲間とワイワイしたい人にもおすすめです。

日比谷BAR WHISKY-S

日比谷BAR WHISKY-Sは、山崎蒸溜所と日比谷Barがコラボレーションしたウイスキー専門店です。

山崎を中心に、白州や響、知多といったジャパニーズウイスキーを豊富に取り揃えています。

また「いろいろお魚燻製」「本日の燻りホットサンド」など、ウイスキーとペアリングする燻製料理も豊富です。

ジャパニーズウイスキーが好きな方は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね♪

新橋BAR クロンダイク・ハイボール

新橋BAR クロンダイク・ハイボールは、新橋にある隠れ家的なハイボールバーです。

モダンな店内にはコの字のカウンターがあり、10名程度しか入れない小さなお店です。

モルトウイスキーとシェリー酒が充実しており、所狭しとボトルが並べられています。

料理は、生ハムやクリームチーズなど定番のおつまみを提供。店主と話しながらしっぽり飲みたい人におすすめのお店です。

ハイボールで1日の疲れを癒しましょう

今回は東京都内にあるハイボールバーを紹介してきました。

爽快感の味わえるハイボールは、仕事終わりにぴったりのドリンクです。

ぜひ本記事を参考に、ハイボールでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら